ミニマルシャンプーのオイルが入ったので解説しますね

はっちみつ

ミニマルシャンプーのアウトバスオイルです。

ミニマル=最小限

の意味です。

量り売りなのでパッケージもなく、ブランドもない。
香りもアロマみたいに残る処方ではありません。

アウトバスオイルはみなさんお持ちのかたは多いと思います。

例えばオーガニックオイルが好き、香りを選びたいなど、
価値観は人それぞれなので、そこに価値を求めていただくなら、このシリーズは物足りないと思います。
よろしければ他のモノをご紹介しますので聞いてください。

ミニマルオイルの特徴

ミニマルオイル

揮発したら有効成分だけ残る処方のオイルが髪をサラサラにしてくれます。
手のほうも乾いたら全くベタつきません。
濡れた髪に付けたあと手を拭かなくていい。
むしろ乾燥から手の保護もしてくれます。

香りが弱く、ほぼ残りません。
これはメリットでもありデメリットでもありますね。

有効成分はメドウフォームラクトン。

メドウフォームという植物から抽出した成分。

熱で乾燥させる事で、髪と強く結合して髪を強化してくれます。
最近ヘアケアではトレンドの成分ですね。
矯正のアイロン前なんかには確実に僕も付けています。

スタイリング剤としてはやや不向きです。

このオイルである必要はありませんが、
実はミニマルシャンプートリートメントは、オイルをつけることにより、完成します。

使っていただいた方は気付いていると思いますが、
使い続けても重くならず、最初の質感が変わる事がありません。
シャンプーとトリートメントだけで手触りを良くしようとすると、デメリットが出る事もありますが、それがありません。

ミニマルトリートメントは、その後につける油分を乗りやすくさせる効果がありますので、ぜひオイルを付けてあげてください。

もちろん他のシャンプートリートメントと組み合わせても大丈夫です。

値段は1500円(税込)
比較として、大体同じサイズでドンキで売ってるオイルは1000円ほど。サロン専売品は2000〜2500円ほど。

コンセプトは、
付加価値を最小限にして、ずっと使い続けられる求めやすさ。

使い終わったマイボトルを持ってきていただけたら、それに詰め替えて1400円で販売いたします。

エコでミニマルです。

割と在庫は用意してますので、使ってみたいかたは岡島まで。

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛矯正にデザインを】 美容師歴14年。フリーランスとして独立し、表参道サロンにて徹底したお客様目線でマンツーマンで施術させていただいています。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。