丸顔に似合う髪型を教えてください

丸顔が気になる女性にチャレンジして欲しい髪型

あくまでも、気になる人(緩和させたい人)、コンプレックスをお持ちの人向けになります。

なりたいイメージが、可愛らしさとか癒やしなどの要素を出したいのであれば、緩和させる必要はありません。
逆に長所として強みにしていきましょう♪

前髪の形、幅

基本的にインナーライン(髪と顔の境目のライン)

を縦長に持っていくのが理想です。
シースルーバングや斜め前髪、軽く(薄く)作ってすき間を意識。

やはり前髪は作らないほうが縦の印象は作りやすくなります。

ただ少しでも前髪はあったほうが顔の面積が減るので、小顔効果が最優先ならあったほうがいいでしょう。

前髪に関しては、コチラもご覧ください⬇

目の印象と眉毛と前髪の関係。幅と形で変わる、形の錯覚

離れ目または寄り目をカバーする、似合う髪型とは。

全体のシルエット

アウターラインをとにかくシャープにもっていく事が大事になります。

外ハネスタイリングは、中間が横広がりにならず内側に重心が傾くことや、視線を外に逃がすことなどの理由で、丸顔の人に似合わせやすいと言えます。

全体の長さに合わせたスタイル設定

ショート

  • レングス(長さ)は顎ラインで設定するならしっかり段を入れる
  • 幅の広いものの横(または上下)にあるものは、幅が狭く見える。
    なので顔を隠すのではなくむしろ耳にかけて、トップ周辺にボリュームを持たせると、輪郭がスッキリと見える。ツバの大きなハット等を被ると顔が小さく見えるのと同じ原理。

ボブ

  • レイヤーをいれたボブまたは、顎より少し長めにすると、横広がりにならない(縦長の印象を作りやすい)
  • 前上がりよりも前下がりのほうがシャープな印象を作りやすいのでオススメ。

ミディアム

  • 既に縦長の印象なので丸顔を強調する要素は顔周り以外ありませんが、レイヤーを入れてパーマをかけ、顔周りにふんわりかかる毛を作ってあげるとより上手にカバーできます。
  • 外ハネスタイリングは視線を外に散らす効果と、メリハリを出す効果があります。
    また、内巻きのワンカールは内側に1つ丸い要素を増やしますが、外ハネやウェーブスタイルはその要素を減らして緩和させてくれるのでオススメです。

ロング

  • コチラも同じ理由で顔周り以外は特に印象は変わりません。ただ、髪の比率が多くなると顔は小さく感じるので、小顔効果ということだけなら長いほうがあります。
    あと大事なのは、重心が下がりますので、顔型よりもロングヘアは身長とのバランスや、骨格とのバランスで考えましょう。

ストレート?ウェーブ?

  • ショートやレイヤーボブでトップのボリュームを持たせるパーマは縦長シルエットになるので効果的です。
  • ボブくらいで外ハネにするパーマも、シルエットにくびれを持たせられるのと、毛先が外に向くことで視線が外に向くのでオススメ。
  • 基本的にロングヘアで全体の印象が重く感じる場合、顔の印象は明るく見せたいのなら前髪は横に切り込む方が良い。または前髪を作らずかきあげたりして露出は増やしたほうが良い。そしてパーマやコテのスタイリングでウェーブやカールを出して全体的にボリュームを持たせ、片方は耳かけをして顔の中心をズラすと良いでしょう。

首の形との関係もあります。

詳しくはこちらをどうぞ。⬇
首が短い太い、または細い長い人が似合う髪型

まとめ

インナーライン、アウターラインともに丸い要素を減らすことがポイントになってきますが、
逆に直線的にしすぎると、その人の持っている優しい雰囲気とのミスマッチが起こることがあります。

全て取り入れるわけではなく、要所を覚えておき、あとはバランスを取ることがデザインになります。

(長くなるのでとりあえず一旦リリースしましたが、色んな要素を加筆修正していきます)

似合う髪型の見つけ方保存版。骨格、顔型、トータルバランスとの似合わせまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛矯正にデザインを】 美容師歴14年。フリーランスとして独立し、表参道サロンにて徹底したお客様目線でマンツーマンで施術させていただいています。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。