目の印象と眉毛と前髪の関係。幅と形で変わる、形の錯覚

目と眉毛の関係

みんながメイクする時、1番大事にしているのは大半の方がアイメイクですよね。

それくらい、目の印象って大事だとお考えだと思います。

目がつり目なのか、タレ目なのか、小さいのか、大きいのか。
それで受ける印象は大きく変わりますよね。

目の印象ってアイメイクだけではなく眉毛の形も関わっているのをご存知でしょうか?

眉毛の形で目の見え方まで変わる。

例えば、アイラインを入れるのは目に影を作って力を強くする目的や、切れ長に見せたりしますが、単純に目の上をなぞると目が縦に大きく見えますよね。

これは、目とアイラインが同化して大きく見える錯覚です。

同じ理由で、二重まぶたのほうが目が大きく見えます。

遠くから見るとよく分かると思うのですが、
対象の近くにある、似たような軌道の線は同化して見える錯覚が起きるのですね。

実は眉毛も同化する錯覚が起きます。

眉毛を釣り上げると目も釣り上がって見える

眉尻を上げるとツリ目に見えます。

眉を垂らすと目も垂れて見える

眉尻を下げるとタレ目に見えます。

眉と目の感覚が狭いほうが目も大きく見える

同化現象は近いほうが起きるので、目と眉の間には隙間は少ないほうが同化作用は、よりおおきく作用する。

目を大きく見せる髪型(前髪)

眉毛と同じ理由で、髪も目の上でどう作るかで目の印象が変わります。
目の近くで作れば同化します。

眉毛より上で作るとその効果は薄れていきます。

ラウンドさせると目の印象も少し垂れ目風に。

丸みを持たせた前髪は目の印象にも作用します。
目を丸く見せます。

直線だと目の形も平行に引っ張られます。

直線ぱっつんの前髪だと、目の形も並行的に見えます。

 

まとめ

眉毛ほどではありませんが、前髪も目の形の印象に一役かっています。

大きさではなく離れ目や寄り目が気になるかたはこちらをどうぞ♪⬇
離れ目または寄り目をカバーする、似合う髪型とは。

前髪を作ってない場合は、目の印象には髪はノータッチということになります。

目の上で重めに作ると、もちろんただ目の印象を強める効果もあります。

前髪設定の参考に、多少なり参考にしてください♪

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛矯正にデザインを】 美容師歴14年。フリーランスとして独立し、表参道サロンにて徹底したお客様目線でマンツーマンで施術させていただいています。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。