現代のコインランドリー

最近、家の近所にイケてるコインランドリーができた。

雨が多かった本年にはとても助かり、毛布や大きいモノを中心に利用した。

どうやらドイツから日本に進出してきたらしい。

ドイツから来たコインランドリーが凄いのかどうかという質問をもしされたら、全く分からない。

ただ、新しくオシャレであり雰囲気がいいので、従来のチープなコインランドリーのイメージを見事に刷新し、いろんな人が利用している。

天気の悪い11月の朝。
出勤前にたまった洗濯物を洗濯して乾燥機を使いに出かけた。

すると、明らかに本日初参加の女性がいた。

表情に縦ジワが一つもない感じの、見るからに優しい50代のお母さん。
おそらく味付けは塩分ひかえめだ。

僕は基本的に知らない人に話しかけられやすい性質を持っている。
この時もやはり、
「これをまず押すんですか?」
…いろいろと尋ねられた。

僕はボタンの順序や目安時間、時間がきてしばらく出してないと勝手に外に出される暗黙のルールなど、持てる知識の全て(1分で習得可能)をお母さんに叩き込んだ。

お母さんは、とても感謝したようで、
優しくそして丁寧に、僕にお礼を言った。

良いことをした僕はとても嬉しくなった。

そんなとき、ふとお母さんが持っていたエコバッグを見ると
全面に大きくこう書いてあった、、、。

 

Recycle

or

Die

 

壮絶な覚悟ですね、、、、。

詳しく尋ねると、娘さんのを勝手に持ってきたとのことでした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛矯正にデザインを】 美容師歴14年。Lani代官山にて徹底したお客様目線でマンツーマンで施術させていただいています。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。