本当にいいシャンプートリートメントは本当にいい

今日は、ヘアケア剤についてのお話をさせてください。
シャンプーやトリートメント、スタイリング剤でもそうですが、
お客様自身で必要と感じてなければ、ただの売り込みになる可能性があります。
それでも、必要性を伝える事は自分の役目だと思っています。
なにより、もっと良くなるのに、日々の状態が不完全な状態で過ごしていただくには、
美容師としても、不完全燃焼なのです。
なので、便利なブログで伝えさせていただきますね。

結論としては、当たり前ですが、しっかり汚れが落ちるのに髪と肌に優しく、しっかりサラサラになる。
それが良いヘアケア剤です。

日々の生活を快適にしていただくための1つとして、

髪が乾きやすい。

というのがあります。
市販のシャンプー、トリートメントは
オーバートリートメントなものが多いです。

少し髪が全体的にオイリーなのはお気づきでしょうか?
お客様にご協力いただき、写真を撮らせていただきました。

絡まりを防止するために、
シャンプーにもトリートメントにも、なんらかの油分が、コンディショニング成分として入っています。
それが蓄積してどんどん重く、ベタついていきます。(残留油分)

乾くのが遅くなるのももちろんですが、
見た目の質感として、少しオイリーで、
[サラサラ]や、[ふわふわ][つやつや] とは程遠いものになります。
使っているコンディショニング成分の、質や量のバランスが良いものが、良いヘアケア剤です。

シャンプー後、キシキシになってしまうモノもありますが、
実はそれ自体はそこまで悪い事ではありません。
ただ、絡むので、無理にほどくとダメージの原因になる。という事だけです。
シャンプーの場合、そのコンディショニング成分がなにで、どれくらいの量で入っているのか、それがとっても大事な要素になります。

ノンシリコンと書いてあっても、それを
その他の油分で補っている事がほとんどです。

パサつき、広がりがおさまる

コンディショニング成分というものは、
取り除く事で、しっかり乗ります。
逆に今までの油分が残っているところには、
蓄積するだけならまだしも吸収率も悪くなり、
本来のパフォーマンスが全く発揮されません。

まずは1度、フラットな状態にする。

これにより、しっかりとトリートメントが吸収されて、パサつき広がりをおさえてくれます。

さきほどのお客様を、カラー前にプレシャンプー。
カラー後に2シャンプーで、しっかり残留油分を落とさせていただきました。


ベタつきはもちろん、クセ、パサつきもなくなりました。
オイルや、ブラシなしで乾かしただけでです。
寝グセもつきにくくなるでしょう。

もちろん、好みもあります。

とにかく重い質感でしっとりしてほしくて、
安く仕上げたい。
という方には、コスパ最強のドラッグストアのシャンプーがベストでしょう。

とにかくオーガニックが好き。
という方にはコストは上がりますがオーガニックが良いでしょう。

肌の弱い方には専用のシャンプーもあります。

だから相談してください。
お客様一人一人に合った、心地よく美しい
髪生活を、必ず提供いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

【縮毛矯正にデザインを】 美容師歴14年。フリーランスとして独立し、表参道サロンにて徹底したお客様目線でマンツーマンで施術させていただいています。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。