縮毛矯正、パーマとヘアカラーを同時にしないほうが良い理由

「縮毛矯正やパーマと、ヘアカラー、どっちが先なの??」

基本的にヘアカラーが後。

先にやった事に、後からした施術が悪影響を及ぼしやすいのですが、
色が抜けるのと、
パーマが落ちるのであれば、
色が抜けるほうが圧倒的だからです。

カラーの直後にパーマ液をつけると、見事に色が抜けます。
アイロンを入れるとさらに。
(白髪染めじゃないリタッチなら先にやっても大丈夫です。色が抜けても毛先と馴染むので)

矯正やパーマの直後にカラーしても、かけたところがすぐに取れる事はあまりありません、、、
しかし、それはヘアカラーのパワーによります。

トーンアップのカラーやブリーチは、特に直後はダメ

強アルカリのお薬は、髪の毛の構造に大きく作用します。
2液の濃度も、過酸化水素水6%というとてもつよいお薬になります。
それを矯正やパーマ直後のデリケートな所につけると、さきほど固定されたものが多少解かれる事があります。

なので、出来るだけ矯正などの直後にはカラーしないほうが懸命です。

しかしトーンダウンのお薬なら、低アルカリを使って過酸化水素の濃度も2%以下で時間を置きすぎなければ、そこまでの危険性もないでしょう。
特にシャンプー台で少し色味を足す”トナー施術”であれば、パーマ後でもほぼノーリスクでしょう。

まとめ

出来るだけ1週間以上空けてやりたい施術ですが、このように、場合により同時にやる事も可能です。
美容師側の意識が特に重要になる問題です。
部位によりぬりわけるのが大事です。
薬剤選定は繊細にしていきましょう。