黒染めは、美容院でするのと家でやるのと、どんな違い(メリットデメリット)がありますか?

岡島
簡単そうに見えて、実は割と難しい技術です。ムラになったり、後が大変になったりします。

黒染めは難しい技術。

なぜ大変かというと、

  1. 毛先など、ダメージ部分にとことん色が入りやすい。
  2. 塗布量はかなり多めに乗せなければムラになる。

からです。

特に、自然な黒(ナチュラルブラック、ナチュラルブラウン)はむずかしいです。

colorlevel

(4〜6レベルくらい)
ダメージ具合により、色の入り方は変わるので、例えば12レベルの髪に4レベルのお薬を、
全体にいっぺんに付けたとしたら、中間は6レベルくらいしか落ちず、ダメージのある毛先は4レベル、みたいになるパターンが殆どです。プロはお薬を塗り分けたり、時間差で調整したりしています。

逆に、上の表で2レベルくらいの漆黒の黒にするのは、比較的簡単です。
1、2レベルくらいの薬の染料はとてつもなく多く配合されているので、薬が勝ちます。
どんな条件でも、ブルーブラックに染め上げます。
塗布漏れさえなければ。

そして一度ムラになると、それを除去するときにもムラになります。

ぜひ美容院で染めてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。