なおき

ぼくは小学4年生の時に引っ越して転校しました。
その時、100mくらいの近さで住んでいたのが
なおき。

なおきは坂本龍一みたいなセンター分けの髪型の、色黒でサッカーの出来るイケてる奴だった。
僕は、幼稚園の頃からファミコンばっかりしてる色白の天然パーマ。もちろん非リア充(この場合は家にばかりいるオタクを指す)だ。

転校早々、なおきは僕に声をかけてくれた。
なおき「おまえローブレ持ってんの?」
岡島「持ってる」
なおき「一緒にやろうぜ。学校終わったらおまえんち行くわ」
岡島「うん」

ローブレとはローラーブレードの事だ。
道路でするアイススケートのようなもの。

学校が終わったらなおきが、もう1人友達を連れて僕の家のチャイムを押した。

出て行くとまるで光GENJIのように爽やかな奴らがシャーシャーいわしている。

僕は言った。

「ごめん、俺の持っとるのそれじゃないわ」

なおき「お、おう、そうか。じゃまたな」

と言って帰っていった。

あいつらのはローブレ(ローラーブレード)で、
僕のはロープレ(ロールプレイングゲーム)。
いわゆるドラクエだ。

おかしいとは思ってた。
ドラクエを一緒にやって何が楽しいんだ、、、しかも初対面で。

これだからリア充は困る。

、、、

それが僕となおきの出会いだった。

それから2年くらいは交流がなかったが、中1くらいからは家も近いから仲が良かった。

思えば初めて髪を切ったのもなおきだ。
中学の時、すきバサミでなおきの耳まで一緒に切った。

サーフィンも一緒にやってた。

思えば彼といたことで僕はオタクから脱した気がした。

サーフィンにはまった彼は、20歳の時宮崎に移住した。
僕は美容の道にはまり、上京した。

別々の道を進み12年。
講習を受けるため向かった福岡で再開した。

宮崎で焼き鳥屋を任されているようで、福岡で独立したという、なおきの師匠のお店で落ち合った。

焼き鳥のクオリティが高すぎる。

焼き鳥に限らず九州はご飯が美味しすぎる。
もちろん技術力もすごいのだとは思うが、それと同じくらい材料がいいんだと思う。

地産地消。
九州の良い土地で作られたモノを使うのが良いのだろう。

そこから、百式っていう炉端焼きのお店に移動した。

ウニの肉巻き。

美味すぎて顔がブレてる。

そして店員さんが劇的に可愛かったので写真を撮ってもらった♪

ん、、、?

おい、ツバが邪魔だぞ!!

ふぅ。

屋台は、地元の人は行かないらしい。
高くて不衛生だかららしい。


とはいえ、やっぱりそこでしか味わえない空気があるから、一度は行くべきだよね♪

朝まで飲んで遊んで大満足。

ローブレもロープレもなくても、僕らは楽しめるような大人になった。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。Lani代官山にてマンツーマン、
丸み縮毛矯正の岡島です。
クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、
髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。
ショートボブのカットもおまかせください。