ボブのハイライトは、表面だけでも効果的。アレンジするなら中の方も入れます。

ハイライトは、少ない枚数で効果的にがモットーです。

レイヤー(段)の入っていないスタイルは、中のほうに入れても見えません。

耳をかけた時に見せるなら耳の前にも入れるし、アレンジした時に見せたいなら中の方にも入れるし、ケースバイケースです。

今回は、えり足の中の方はいれずに、その他はまんべんなく入っています。

こちらハイライトの部分はしっかりブリーチしてあります。

抜けると黄色くなりますが、こちらのお客様はご自宅でカラートリートメントで色をちょいちょい入れるので安心です。

ご相談ください♪

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。Lani代官山にてマンツーマン、
丸み縮毛矯正の岡島です。
クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、
髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。
ショートボブのカットもおまかせください。