髪の毛はダメージや加齢によりどうなるの?アンチエイジングの方法は?

今日はアンチエイジングについて勉強しましょう。

髪の毛はダメージ、年齢により軽くなる

よく例えられますが、髪の毛は海苔巻きのようになっています。

①キューティクル=海苔
②コルテックス=米
③メデュラ=具 (これは髪により、元々ない場合もあります)

海苔がはがれると、米が落ちていきます。

すると中身の少ない海苔巻きになりますね。

同じことが、ダメージした髪にも起こるのですが、年齢により髪が細くなったり、パサついたりというのは、海苔も米も少ない状態で生えてくるからです。

ダメージ毛のブワーーッと毛先が広がる髪の毛も、まさにこの状態になっている事が多いです。

こうやって文字にすると怖いですよね。
不安をあおるようで申し訳ないです…。

人間は、活性酸素と常にたたかっている。

活性酸素は酸素を必要としている人間の中に、常に発生しています。

活性酸素が増える原因

  1. 睡眠不足や疲労
  2. ストレス
  3. 紫外線
  4. 電磁波
  5. 嗜好品
  6. タバコ、アルコール
  7. 大気汚染

などです。
全て当てはまる方は要注意ですよ〜。

活性酸素とは、酸化力の強い酸素のことです。
少しは必要なものですが、これが増えすぎると、どんどん老化していってしまいます。

一説によると、老化や病気の80%くらいの原因になるという説もあるくらいです。

ストレスや大気汚染などは、なかなか意識だけで避けるのは難しいこと。

紫外線は帽子や傘などで避けられるし、
電磁波は、寝る時にスマホを近くに置かないなど、細かい工夫はできそうです。

あとは、抗酸化物質の摂取が必要です。

抗酸化食品(SOD)

具体的にはトマトやブロッコリースプラウトやポリフェノール食品、あとは一部のキノコによく含まれているエルゴチオネイン。

例えばぶどうなんかでも、皮に多く含まれているのでワインを飲むなら白より圧倒的に赤ワインの方が、アンチエイジング効果があるということになります。
あとはサプリなんかもたくさん出ているみたいなので、検索してみてください。
僕はなるべくスーパーの食品でなんとかしたい派ですが、、。

内側からは抗酸化食品。
髪の毛には抗酸化成分のあるトリートメント(お店により様々)。

あとはお菓子やお酒、インスタント食品はほどほどに♪

アンチエイジングは、まずはここから始めましょうっ。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。Lani代官山にてマンツーマン、
丸み縮毛矯正の岡島です。
クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、
髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。
ショートボブのカットもおまかせください。