大丈夫のちから

土曜日の朝。

小、中学校の同級生が髪を切りに来てくれた。

彼はあの頃のすらっとしていた面影はなく、全身にとても大きな筋肉を身にまとっていた。
職業を聞くと消防の仕事だという。

普段出動することってあるの?
と聞くと、とても頻繁にあると教えてくれた。

なぜなら、消防士は、救急隊員としても活躍しているからだ。
僕は恥ずかしながら、そんな事さえ知らなかった。

彼の頭を刈り上げながら色々な話をした。
楽しい時間だった。

とても大きな体をした彼は、とても優しい雰囲気をまとっていた。

そんな彼を送り出す時、
1つの事を思い出した。

(そういえば、昔救急車に乗ったことあったな、、)

19歳くらいの頃、バイクで車と事故をした。

衝突した瞬間僕の体は放り投げられ、頭から地面に叩きつけられ、ヘルメットは真っ二つになった。

しかし、全身に軽い打撲のような状態こそあったが、立ち上がれたし歩けた。
ヘルメットがなかったらと考えるとぞっとした。

誰かが救急車を呼んでくれたみたいで、
運ばれる事になった。

救急車に乗ることなどもちろん初めてで、ぼくはとても緊張していた。
すると突然、おならがしたくなった。

いつもなら上手にやり過ごせるのだが、少しだけ体がうまく言うことを聞きそうにない。

ここは密室で、僕はモラルのある人間だ。

ぼくは救急隊員の方に、
すみません、おならをしてもいいですか?と聞いた。

彼は優しく、
「どうぞしてください。
こういう時は、力が抜けて、したくなるもんなんですよ」
とぼくに言ってくれた。

ぼくは体を自然にまかせた。
ぷぅ、と高音のおならが出た。
みんな笑ってくれた。

そして病院につくととても優しく車椅子に乗せてくれて、押していってくれた。

僕はとても恐縮していた。
普段こんなに人に体のお世話になることなどないからだ。

そんな僕にずっと優しい言葉をかけてくれていた。
頼れる人の「大丈夫」ほど、強い力を持った言葉はないと気づかせてくれた。

医務室まで車椅子を押してもらい、
満身創痍な雰囲気で運ばれたぼくはレントゲンなどの診断の結果、ヒザに赤チンを塗って終わりだった(*´∀`*)

、、、

同級生の彼はあの時の隊員さんと同じように、強い体と優しい心をかねそなえた頼もしい雰囲気を持つ男だった。

彼も同じように、日々誰かに感動を与えているのだろう。

なんだか朝から、嬉しくなった。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。