【縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術】ストカールは傷む?

本日もブログを見て、ストカールのお問い合わせをいただきました^ ^
ありがとうございます。

履歴を伺うと、カラーのダメージのみです。毛先は表面の髪のみ毛先に矯正履歴が残るくらい。
しかも少し毛先も切らせていただけるので、ストカールは可能です。

これがもう少し長くて施術履歴も多く、長さを残してということなら難しい場合があります。
やはり毛先にデジタルパーマを当てるわけですから、多少なりダメージは発生しますので。

そしてもう一つの質問ですが、ストカールで毛先を丸くしても、毛先を切るとその部分は消えてしまいます。

しかし、毛先まで矯正がかかってない場合であれば、アイロン操作もカールがつきやすいようにしますので、切ってもシャキンとはならない事をお伝えし、ご来店いただきました。

毛先のカールがあるほうが、さらにブローは楽になりますが、あくまでも補助的なものになります^ ^

before

 

(ブログへの写真掲載はもちろん許可を得ております)

くるくるドライヤーで、しっかりブローしてきていただいているので、あまりクセはわかりませんが、大きくうねり、広がる髪質です。

濡らした状態です。

工程

いつものように1液は部位により塗り分けます。
今回は根元〜中間、毛先、前髪の3種類でわけて考えました。

アイロンは丸く入れ、毛先はデジパのロッドを巻きます。

ストカールで激しく傷んでしまうパターン

1液をしっかり反応させて、流してアイロンしてからカールの欲しいところだけもう一度濡らして、デジタルパーマ、、、
それでは傷みます。

濡らして熱を与えると、1液は1度流してあっても薬の反応はまだ続きます。

なので適正タイムで流してロッドを巻き熱を加えると、ダメージ毛の場合はかかりすぎでダメージ要因になったりします。
毛先は時間差で薬をつけるか、薬を弱めるか、デジタルパーマの加温時間を少しにするか。
それでリスクを回避していきます。

そして2液。

after

濡れた状態はこちらです。

少し段を入れ、少しだけブロー。


つやつやでコンパクトなワンカールボブがとてもお似合いですね♪
基本的にワンカールのスタイルは、くるくるドライヤーによるブローをオススメしています。
そちらの方が確実にツヤなどのクオリティはあがるので。

かならず出来るようにレクチャーします。

縮毛矯正やストカールは、練習と試行錯誤を繰り返してきて、当日も時間のかかる作業。
それだけに自分の中で思い入れも強いです。

だから喜んでいただけて本当に嬉しいです!

ありがとうございました!!^ ^

 

その他の矯正&ストカールの施術事例まとめはこちら♪

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。