オフィス(職場)で浮かないハイライトヘアカラー。西海岸風グラデーション

日本の職場では、
ヘアカラーの規定があるところが半数くらいを占めますよね。

空港で6〜7レベル、金融や病院で7〜8レベル。その他大体レベルの規定は無いけど10レベルくらいまでなら浮かないかな、、というところが多いと思います。

(自然光での8レベルのグレーアッシュ)

規定がなくても10レベル以上だと浮いちゃうなー、という所も多いでしょう。

(光に当たった時の10レベルのオレンジブラウンにピンクのハイライトを入れた時。毛先のほうは光の強くない場所での10レベルの見え方。)

(光に当たった12レベルのライトトーングレージュ)

人の目に映る時、色味は、黄色みや白さがあるほうが明るく感じます。

同じレベルでも、10レベルのアッシュと10レベルのイエローでは、イエローのほうがあきらかに明るく感じます。

日本人の髪が、色が抜けた時になりやすいオレンジブラウンも、黄色+赤の色なので、明るく見えます。

ということで、基本的にアッシュ系の方が、実際は明るめでも、明るく感じさせません。

ということで今回は、

ベースを8レベルのグレーアッシュ&12レベルのグレージュハイライト

で設定した、西海岸風サーファー風カラーではいかがでしょうか?

ライトが上から当たることを想定して、トップの方のハイライトは、根本から入れず、間隔をあけて毛先メインに色が出てくるように配置します。

動きが強調されてアクティブな印象になります。

事前にパーマをかけてあるので、ぶわっとハンドドライに、スタイリングには今回はオーガニックブランドのroland、sea salt splayで、バサッとふわっとしただけです。

西海岸にいそうなクールなテイストを表現しています。

セクシーに仕上げるなら、ウェット仕上げでも。

ハイライトは+2160円〜。

どうぞよろしくお願いします:D

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。Lani代官山にてマンツーマン、
丸み縮毛矯正の岡島です。
クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、
髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。
ショートボブのカットもおまかせください。