たまには心に残るバレンタインの話でもしましょうよ

いつも、
岡島ブログを読んでくださりありがとうございます(^^)

もうすぐバレンタインですね。

お客さまに、「誰かにあげるんですか?」「職場ではあげるんですか?」なんて聞いてみると、特に決まってないかたや、職場では禁止というかたが多いです。まぁ、大人になると色々ありますね。

でも、、、2/14にドキドキした時は、みんなありましたよね。
たまには、、、振り返ってみます?

 

 

さて、自慢じゃないけど僕は、
昔からバレンタインデーはチョコは毎年必ずもらってきた。




オカンに。

とまぁ冗談は置いといて、

だいたい本命チョコをたくさん貰えるような
モテるやつを段階的にいうと、
小学生は足のはやい奴。
中学生は球技のうまい奴。
高校生は髪型が無造作な奴。
ですよね。

僕はといえば小学生の時はほんとただのゲーマーでモテる要素は一切なく、中学は野球部の補欠要員で足もおそかった。

サッカー部やバスケ部のイケてるやつらのかく汗は、
必死こいて運動してた僕の冷や汗とは、比べられないほど爽やかだった。

圧倒的な差。
アイフォンとジェイフォンくらいの差だ。

女子から僕に与えられるチョコレートは、
もちろんギリチョコの、

 

キットカット

ぐらいだった。

(スポーツができなかったことのせいにしている僕は、いまだにダサい、、、早くダンディになりたい)

もらっている人は余るほどもらっていて、もらえない人はゼロかごくわずか。
このイベントで若者は1つ勉強する。

(´-`).。oO(これが格差社会か)

そんな僕が初めて本命をいただいたのは中3で、
変に色気づきだして見た目ばかり格好つけただけの、実はまだまだかっこ悪いぼくを、なぜか気に入ってくれた1つ年下のあの子。

帰り道に待ち伏せて照れながら僕に手作りチョコを渡し、走り去っていった。

僕はクールに、
「ありがと」
といい受け取ったが、

 

心の中ではもちろん

、、、

「アリガツォーーーー!!!!!!!!!!!!」

だった。

形は覚えていないが、その手作りのチョコはとても美味しかったのを覚えている。

そしてなぜ番号を知っていたかは忘れたけど、

その日の夜、
僕はあの子に電話をかけた。

僕はその時、、、

ジェイフォンだった。(どうでもよい)

それから仲良くなり、2人は付き合った。

バレンタインのおかげであり、いい思い出である。

未熟でチープな思い出だけど、
青春は、確かにそこに存在した。

、、、

大人になるとこんなに甘くなく、
何かとビターな事も多いとは思いますが、、

皆さま、よいバレンタインデーを、、。

Have a break,

have a Kit kat!!!