美容師のハサミとシザーケースとブラシの紹介

上の写真は関係ありませんが、
さいきん綾野剛にはまってる岡島です。

今日はプロの道具のお話をさせていただきますね(^ω^)


地元で3年間、アシスタントさせていただいてた時の店長に譲り受けたシザーケースが左です。

10年くらい使いましたが、
やはりガタがくるもので、新しいの買いました。
青山のMOTOという、
老舗のハンドメイドレザーのお店。

ハンドメイドで3万円くらいなので、割と高くはない♩


いやぁ、気に入ったなぁ♫

よくお客様に、ハサミっていくらくらいするんですか?って聞かれるので、
ついでにハサミもご紹介します。

ハイブランドの10万くらいしますが、僕のは全部5〜6万円の間です。
それでも一般の方には高いとビックリされます。

特に左から3番めのアルファシザーのセニング(すきバサミ)がお気に入りです。

全部アシスタントの頃の、少ない給料の頃にローン組んで買ったものなので、
愛情の塊です。

ブラシは一番左のクッションブラシが一番使います。ブローもセットもなんでもこいです。

ヘアビューザーとヘアビューロン。
どちらも自前です。

シザーケースは10年持つし、
ハサミは20年くらい持つと思います。
ブラシもたぶんずっと使えます。
そう考えると、
ドライヤーとコテなど電化製品て、寿命短いですね😂

道具にこだわると、仕事の楽しみも増えますよ♫

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。