髪が早く乾く方法、おすすめアイテムまとめ

結局全てのサービスは、人々が困っている事を解消する事から始まるだろうなと思ったので、
女性が毎日1番ストレスに感じていることは何かを考えてみたら、ドライヤーを当てる時間
でした。
時間は、全ての人に平等に与えられたものですものね。

ネット上でそれを解決すべく色々な情報が出ています。

例えば、

  • タオルをかぶってその上からドライヤー。

    正直違いがよくわかりません。

  • タオルドライしたあと、ティッシュを数枚とり、それで水分を取る。
    もう一息、、。
    破れないぶん、キッチンペーパーの方が有効かと思います。
  • かぶるだけで水分を吸うターバン
    いいのだけど、イマイチ乾かない。タオルでも同じかと。


(これはちょっと良さそうだけど。小さいものならあまり意味がない)

もっと水分を吸ってくれて、かつすぐ乾く、髪の毛専用タオルがあればさらに捗るのではないか??

色々買ってみました。

スイムタオル


水泳の後に使うものですが、
吸水性はもちろんの事、絞るとしっかり水気を切れるので使い勝手は抜群。
ただ、乾いたらパリパリになるのと、拭き心地がイマイチだから普段使いには微妙。

これは今回の趣旨にはもう一息でしたが、
サーファーが海上がりに使うとか、
プールに遊びに行く時とか、
レジャーでは大活躍するでしょう。

マイクロファイバータオル


吸水性抜群です。薄めのものなら早く乾くしいいかも。あんまり気持ちよくないけど。

今治タオル エジプト綿


気持ち良さはマックスで、生活のクオリティを高めるという意味では買うべき。
でも吸水性は普通。

ダイソーのハンドドライタオル
売り切れ続出ですが、どうでしょう?
変わる、変わらない。どちらの声も聞きます。
手に入らなかったので他の人に任せます。

まとめ。

バスタオル以外にもう一枚マイクロファイバー系のタオルを使えればいいですが、
1日に2枚使うのは洗うの大変ですよね。

あとはやっぱり風の強いドライヤー。

バツグンに早くて綺麗に乾くけど、
ダイソンは48600円でレプロナイザーは38000円と高い。(レプロの方はお店で試せます)
頑張れる方はご検討ください。

そこでまずは、拭く前のひと手間のコーミング

荒いクシで、全体をオールバックにします。


すると毛先に水分が移動しますので、
ぎゅぎゅっと水気をきります。
髪も体も水気きりがとても大事。
その後
優しくタオルで押さえるように拭きます。
タオルが少しでもビショビショにならない事が1番大事。水分をたくさん吸ってくれますから。
そのあとターバンにするとしても、
濡れてるタオルだとあまり意味がありません。

コーミングは濡れているときでも、優しくしてあげれば、ダメージの心配はありません。
面がツルツルなものだから摩擦はそんなにしませんから。
ワイルドなブラッシングの方が心配。

ちなみにドライヤー直前のキッチンペーパーはなかなか良いと思いました。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。