トリートメントストレートの効果。どれくらいクセを伸ばせるのか。

岡島
トリートメントストレートは、施術者によりニュアンスが異なります。

日本人の7割はクセ毛である。

7割のうちの、1割くらいの方が縮毛矯正でクセを抑えないと、なかなか扱いにくいレベルのクセだと思います。

残りの6割くらいの方は、少しだけクセや、ボリュームダウンが抑えらればいいのになぁと感じるレベルだと思います。

そういうかたでにはトリートメントストレートをオススメします。

  • メリット
  1. 生えてきた時の繋がりが自然
  2. 湿気で広がりにくくなる。
  3. ツヤが出る。
  4. 縮毛矯正よりダメージが少ない
  5. 完全にストレートにするわけじゃないので、生えてきた部分との繋がりが自然。
  • デメリット
  1. 綺麗に見えるけど、実際はダメージする。(目安としては、縮毛矯正の半分くらいのダメージ)
  2. 髪のタンパク質が熱により変性するので、少しですがヘアカラーがトーンアップしにくくなる。

施術例:Before

1年に1回か、気になる年は2回のペースでかけています。乾いた状態でのクセよりも、濡れた状態のほうが強くクセが出る髪質です。

システアミン(パーマ液)低配合のお薬で放置後、アイロン処理、2液で仕上がりです。

After

今回は 少しアイロンは強めにいれました。このあたりは少し調整することが出来ます。
(施術後最低1週間は髪が不安定な状態ですので、プールや海に遊びに行く予定がある方は、1週間以上前の施術をオススメ致します)
このくらいのクセなら、ここまでキレイなストレートヘアの仕上がりです。顔周りのクセの強い部分の写真を撮り忘れたのですが、
少しクセの残る感じです。生えてきた時の繋がりが自然がテーマだからです。しばらくのあいだとても扱いやすい髪になったと思います。

縮毛矯正は3時間前後で14000円のメニューで、基本的に10あるクセを、0か1までなくす技術です。
トリートメントストレートは1時間強でごわつきと手触りのみ整える場合は8000円。2〜2.5時間でクセをそんなに取らず手触りを整える場合10000円。ある程度クセを取りたい場合12000円で、10あるクセを4。
5あるクセなら1までなくす技術です。

ぜひ参考にしてください。

毛先のクセを残す縮毛矯正

ストカール施術例

 

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。Lani代官山にてマンツーマン、
丸み縮毛矯正の岡島です。
クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、
髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。
ショートボブのカットもおまかせください。