ハチ張り頭を治すためのヘアスタイルと分け目のこと。

岡島
シルエットを変えるには、標的をへこませるか、他を膨らませて緩和させるかです。

日本人は、ハチ張り、絶壁の方が半分くらい。

日本人と欧米人の頭の形の差を図にしてみました。

20160814094038.jpg 20160814094023.jpg

もちろん日本人でも欧米よりの頭の形の方もいらっしゃいますが、
傾向は明らかにこちらです。

1、膨らませてカバーする

トップを膨らませて緩和させます。

20160814105300.jpg

トップを膨らませてみましょう。

20160814105314.jpg

四角さが消えましたね。

しかし軟毛の方などで、トップにボリュームを作るのは難しい事です。

そこで、トップを膨らませるには、分け目を変える事が効果的です。

乾かす時点で、左右どちらからも風を当てて、分け目を消すように乾かし、最後に分けたい所で分けます。

20160814105341.jpg

👇

20160814105330.jpg

分け目を逆にする必要はありません。少し、ずらすだけで、根本は立ち上がります。

それでトップが膨らめば、ハチの張り具合も緩和されて見えます。

ショートヘアの方は簡単です。

トップを短くして、部分パーマでもかければすぐに立ち上がります。

2、ハチのボリュームを抑える

これはクセの影響で膨らんでいる場合です。
縮毛矯正やボリュームダウンのための軽いストレートパーマ等でハチのボリュームを抑えられる場合もあります。

しかし毛量が多くて膨らんでいる根本部分を、カットでヘコませるのは難しいです。

根本から量を減らすと、1〜2ヶ月経ち伸びてきた毛が力を持ち、余計に膨らみを持たせるからです。

その他のカットの疑問はこちらで解決

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。Lani代官山にてマンツーマン、
丸み縮毛矯正の岡島です。
クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、
髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。
ショートボブのカットもおまかせください。