縮毛矯正に大事なことは、ダメージや、部位によりお薬を変える。

本日のお客様は、神奈川県より、ブログを見てご来店のS様です。
(事前に顔出し無しでの出演許可はいただいております)
ストカールでの検索で岡島を見つけてくださいました。

まずは無料カウンセリングから

一度ご来店いただき、15分ほど、お話と、髪を少し濡らしてみたりして、
毛髪診断させていただきました。

img_1639-1

髪の履歴

  • 1年前に縮毛矯正をかけて、かからなかったので、すぐにかけ直してもらうが
    クセは収まらず。
  • カラーは1ヶ月に1度で、リタッチと全体カラーを交互にしている。
  • 毎日ストレートアイロンでスタイリングしているので、熱により少し硬くなっている。
  • 少し傷みやすい髪質ではある。
img_1663

毛先、表面に切れ毛が目立つ事により、ダメージを感じますので、ストカールはお断りいたしました。
ヘアビューロンをお持ちという事ですので、毛先はそれで朝巻いていただく前提で、
縮毛矯正だけであれば可能とお伝えし、後日ご来店です。

毛髪診断の結果ですが、

内側のクセが強い所→1液はチオメインでアルカリは弱めだけど、パワー的には少しだけ強めのお薬。

一度矯正のかかっている所&前髪→
1液はシステアミンメインでアルカリも弱めのお薬。

という風に使い分けます。
どちらも、そこまで強いお薬ではないので、
アイロンでしっかり伸ばしていく縮毛矯正にします。

After

表面の髪がもともと切れ毛があるので、
ブローのやり方、お家でのケア、
ハーブトリートメントでこれから補強して、長期間でさらに改善していきます。

毛先のカールは、今日はくるくるドライヤーでの方法をレクチャーさせていただきました。

コテやアイロンでのカールは、横は出来ますが、後ろが火傷しそうでやりにくい長さです。
そういう場合は、くるくるドライヤーを使い、カールをつけた状態でスイッチを切り、冷ますとカールが付きます。

梅雨時期もそうですが、夏場はずっと湿気との戦いです。クセ毛の方は縮毛矯正をかけておくと安心ですね^o^

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。