もうコテが要らない!ストカール(ミディアム〜セミロング)施術例

 

岡島
ご自身のお悩みや髪質と照らしあわせながらご覧ください。

本日ご紹介させていただく事例は、
ブログにて、まずはLINE@にてご相談からのお客様です。

20160712010054.png

かなり色々な美容師さんのブログをご覧いただいているみたいで、髪の毛の事などかなり詳しいお客様です。
この後、お薬や施術内容の説明や、技術に対しての考え方、料金などお伝えし、髪の状態の写真を送っていただいたり、
何度もやり取りをし、納得いただいた上でのご来店です。

あらかじめ、
ブログ掲載許可は頂いてます^o^

クセはそこまで強くなく、広がるとの事です。

<髪の履歴>

  • 1年前にアイロンを入れないストレートパーマ。その時はクセも伸びず、手触りだけ悪くなった。
  • ヘアカラーは1年前に一度結構明るくしているが、
    基本的には2ヶ月に1度くらいのペースで毎回トーンダウンで落ち着けている。
    すぐ色落ちする。

普段からヘアケアに感心をお持ちのようで、特に髪を傷ませるような習慣(乾かさず寝たり、アイロンで高温のスタイリングしたり)はない様子。

むしろコテなどは全く使わないので、毛先に少しだけカールが欲しいとご要望です。
毛先のダメージは中。

毛先のカールは、少しで良ければ、、
そして乾かす時に、少しねじって下さい。
とお伝えして、ストカールをしていきます。

Before


表面のくせはそこまで強くないのと、ダメージが表面部分の方が少しあります。

内側、特に右半分は意外とクセが強いです。
これが膨らみの原因となっています。

なので今回は、クセの強い部分は少し強めのお薬、毛先と表面は少し弱めで、お薬を塗りわけていきます。

前髪はクセが気にならないのでストレートは無しでいきます。

20160712121204.jpg

お薬が弱めな分、アイロンは割としっかりめに入れて、その後カールの欲しい部分のみ濡らし、
デジタルパーマのロッドを巻いて、加温後、たっぷり2液です。

 

After

中までしっかりストレートです。

20160711052124.jpg

何も付けず、手で乾かしたのみです。

乾かし方は、ある程度までは適当に乾かし、8割乾いたら少し内巻きに捻りながら乾かせば、これくらいまとまります。
毛先のワンカールもついて自然なストレートになりました。

ダメージレベルにより、毛先のカールはお断りする場合はありますが、
今回はこのようなケースになります。
ご自身の履歴や髪質と照らしあわせ、参考にしてください。

ストカール(ボブ)の事例

毛先カールはやらないケースもあります。

 

 

プロフィール

メニュー・料金

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。