トリートメントで髪はストレートになるの?トリートメントストレートの効果

岡島
とても綺麗になりますが、カテゴリはストレートパーマ(縮毛矯正)です。

髪を傷ませず、形状を変える事は不可能。

私が施術させていただいている、トリートメントストレートとは、
手触りを良くするトリートメント成分に、縮毛矯正で使うお薬を、ダメージレベルやクセに合わせ、
10%〜30%ほど混ぜ、流し、アイロンを入れ(縮毛矯正ほどは強く入れません)2液で定着させます。

工程は縮毛矯正と同じですが時間は早く、ダメージはかなり抑えられます。

また、矯正のお薬を混ぜなければ、ほんの少しチリつきを抑えるくらいのストレート加減ですが、かなり手触り、質感は向上し、ほぼダメージレスで行えます。

強いクセの方には縮毛矯正をおすすめしたり、対応できない場合もありますが、
広がる程度のクセの方ならノンストレスに、
中程度のクセの方ならかなり扱いやすくなります。

なぜトリートメントという名称なのか。

トリートメントとは、”治療”の意味です。
ダメージを修復しているわけではありませんので、矛盾ですね。
しかし、こちらのストレートをされた方は、ほとんどの方がそれはもう、予想以上の勢いで喜んでいただけます。

ダメージは少なく、2液でしっかり定着させますので、かけた所は、数ヶ月〜年単位の長期間で持続します。
うねりが収まり手触りも良くなります。毎日アイロンでまっすぐにされる方は、これでその手間が要らなくなれば、
結果的に髪のダメージも抑えられます。

強くタンパク質を変性させないので、コテで巻くことも可能です。

なので、トリートメント感覚でお試しいただきたい。
そんな想いの”トリートメントストレート”です。

矯正の薬を混ぜてクセも取る場合は、
何度も繰り返すと髪は傷みますので、年1〜2回で大丈夫ですし、毛先にクセがなければリタッチでいくなど、施術の内容も状態により変えていきます。

同じ様なネーミングでも、お店や施術者によりメニューの内容は違いますし、売り方は変わりますのでご容赦ください。

しっかりクセを伸ばして自然な仕上がりの事例はこちらをご覧ください♪

 

岡島ってどんな人?プロフィールはこちらから♪

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。