前髪の横幅は狭い方が、輪郭が隠れるから小顔効果。幅広く作る事メリットは?

「小顔効果が欲しい」
「輪郭を隠したい」
「なんか垢抜けたい」

岡島
こんにちは!今日も代官山から、あなたに”似合う”をお届けします。

あなたは、自分の輪郭にコンプレックスがありますか?
丸顔であったり、エラが張っていたり、面長であったり。

やっぱり顔周りの髪の毛はすごく大事ですよね!

AKB48の方々の様に、目尻の横あたりから頬を隠すように髪を残して小顔効果を出すのも技ですが、
前髪を横幅を広げ、切り込む事によって得られるメリットをお伝えします。

顔に奥行きができる。

顔の表面は、どうしても日本人は平面で、丸みが少ないです。
逆に側面は、とても丸みの強い部分。
ここを出すことにより、日本人に足りない立体感が生まれます。

顔が明るく見える。

肌の露出している部分が多いほど、印象的にも明るい印象を与えます。

横顔に表情が生まれる。

横顔が髪に隠れているよりも、出ているほうが表情が見えます。
相手に安心感を与えやすいでしょう。

なかなかメリットばかりのように思えるワイドバングですが、
頬骨を出すことに抵抗のある方、頬を出すことに抵抗のある方はたくさんいますね。
それなら、まずは、片方の髪だけ、耳かけをしてみてはいかがでしょう?
それだけでも、少し前述のメリットは生まれます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。