大人だし、力を抜いて。

連休続き、最終日の今日は穏やかに1日が終わりました。毎年GWなど大型連休は、初日やその直前の方が混みあうようです。

最後のお客様は男性で、カット、ヘッドスパ。
いつも、カットはもちろん、スパまで全て僕がやらせていただいている。

僕は昔から、男性客で、特に年齢が中年くらいの方のシャンプーをする時、一つの感情が湧く時がありました。

(女の子にシャンプーされた方が嬉しいのでは?)
なんとなく、男性なら、力強く男に洗われるより、優しく女性に洗われる方が嬉しいのではないだろうか?と、勝手に懸念していました。

例えば少し話は違いますが、

僕は韓国でアカスリを体験した時、
施術者が男性だった時困惑しました。

股間だけタオルで隠した、すっ裸の自分が、
男性にアカスリされるんです。

もう、、なんか全くリラックスできなくて。
いや、ほんと、なんというか、、
分かりますか?この感じ。

よく考えると別に普通の事なんですが、
勝手に想像で、4,50代くらいの女性がやってくれるんだろうなーと思っていたもので。

なんというか、、
突然訪れたぶつかり稽古というか、、。

もうアカがスラれようが、スラれなかろうが、どうでも良かった。

話を戻しましょう。

とにかく、男性客のシャンプーにはそんなジレンマのようなモノを感じる時もあったのです。

すると、実はそのご主人の奥様もお子様も、うちのお店のお客様なんですが、奥様から嬉しいことを聞きました。

思えばご主人は必ず1人でご来店されるのですが、どうやら、ここでヘッドスパをする時間は特別な安らぎの時間だから、1人で行きたいと。
だからお子様は別の日にご主人か、奥様が一緒に連れてくる事になっているとの事だった。

僕は、その言葉で、わずかにあったジレンマが吹き飛び、

(洗っても、いいんだ)

許可を与えた時、人は強くなる、、!

(よし、今日はいつも以上に気合い入れてヘッドスパに挑むぞ)

そんな気合じゅうぶんで迎えようと思った時、
ある日の記憶が蘇った。

僕がアシスタントの頃、とある女性のお客様のマッサージに入るタイミングがあった。
スタッフも多かったし、そのお客様を接客できるのは、かなり久しぶりで、こんな事を言われた。

「お!ラッキー!ゴッドハンドだ!」

(ご、ゴッドハンド、、?!)

そう、僕のマッサージをとてもお気に入りの方だったのである。

「最近ずっと当たらなかったから、今日は嬉しいなー♡」

なんと、、!

僕のモチベーションは最高潮を迎えていた。

「じゃあ、今日はゴッドの力を見せつけますね♪」

僕は、かなり気合いを入れて、ヘッドマッサージに挑んだ。

すると、、、、、

 

「あの、痛いです、、。」

「あ、、す、すみません、、、、。」

 

その瞬間、、、
ゴッドは、下々の民に降格した。

あれから、、、何年経っただろうか。

気合が入りすぎた時ほど肩の力を抜く、という事を学んだ僕は、
今日も安定したヘッドスパを提供できた。

こうしてGWは静かに幕を閉じたのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。