自分に似合うヘアスタイルを知りたい人に、必要な6つの事。

「このヘアスタイル、、ヘアカラー、、メイク、、私に似合ってるのかな?」

「そもそも私に似合うものってなんなんだろう

岡島
こんにちは!代官山よりあなたに”本当に似合うこと”をお届けします。

あなたは、人から見られる外見を気にしますか?
全く気にしない人は、全体の1%くらいではないでしょうか?

”人は見た目が9割”なんて本もありました。
大事なことは中身でも、まずは見た目で損
はしたくないですよね。

そもそも、オシャレかオシャレじゃないか。
その境界線はどこにあると思いますか?

僕は、

  • その人に似合っているか。
  • TPOを外していないか。

この2つだと思っています。

まずは今日は、”髪型” ”形と印象”というところにスポットライトを当てて、似合うを探していきたいと思います。

細かく説明するとくどくなりますので、少し内容は抽象的になってしまうのですが、コラムを読む感覚で読み進めていただければと思います。

まずは、自分にテーマを見つけよう

「目指す”テーマ”はなんですか?」

、、、それが何であれ、デザインを考える時、大枠となるものが必要です。

まずはなるべく、短い言葉で。

そこがはっきりしていないと、そのデザインはぼやけたものになります。

ヘアメイク、ファッションに限らず、建築、絵画、写真、料理、映画、漫画etc,,,,プロであれば、全てテーマを決めてからモノを創ります。

少し話が逸れそうですが、まずはそこを押さえましょう。

あなたのテーマは見えましたか?なりたい自分と似合うものは違いますから、お友達などに、どういうイメージで見られているのか、聞いてみるといいかもしれませんね♪

ファッションとの連携

今、着ようと思っている服は、言葉で表すとどんなイメージですか?

女性らしい、力強い、モードな、かわいらしい、お人形のような、お姉さんのような、妹のような、厳格な、保守的な。

色々な言葉が連想されると思います。

その、連想される言葉がイメージです。そのイメージと髪の連想ワードが、外れていなければ組み合わせとして間違っていません。もちろんあなたのキャラクターとも合わせてくださいね。

トレンドならトレンド、個性なら個性、コンサバ(保守的)ならコンサバ。まずは大枠を揃えてから、+αでアレンジするのが王道の似あわせといえるでしょう。

顔の形

丸、面長、エラがある、など色々ありますね。

例えばテーマが、”仕事のできそうな営業職の女性”だったとします。

そしてあなたが丸みのある顔で、ラウンドな前髪だったとします。丸は可愛さや幼さ、安心感をあたえます。

この場合、縦の印象を強めて、クールさを出すために、前髪のない(ノーバング)ヘアスタイルや、
前髪があっても、隙間のある薄めの前髪にしたりします。

すると、可愛さが薄れて、クールさや、ナチュラルさが出ますので、目標に近づきますね。

与えたい印象

人は本能的要因と、環境的要因で、見たものに対して印象を持ちます。

同じものを見た時に感じ方が違うのは見てきたものの印象が違い、連想されるワードが違うからです。

例えば、日本やアメリカでは水兵さんは白い服を着ますが、

suihei_sailor

中国では白は喪服につかわれる色です。直接聞いていないので、どういうイメージなのかはわかりませんが、おそらく悲しみ等を表す色でしょう。育った国や環境で持つイメージは違うということです。これが、環境的要因です。

みんなに共通するイメージは本能的要因といえます。

例えば、前髪を短く作ると、顔のパーツの重心が下がりますので、赤ちゃんを連想し、印象は可愛いとなります。

与える印象は直線、曲線や、ドライ、ウェットなど、色々な要素が絡み合っています。その言葉に自分が持つ印象を、照らし合わせてみてください。

季節感

春夏なら軽さ、秋冬なら重厚感。この辺りも少し意識するといいと思います。後は真冬など肌の露出が少なくなるなら、重くなり過ぎないために、前髪の横幅を増やすなど、バランスを取ったりします。

ただ、季節感はヘアカラーの方が、表現しやすいですね。

お家での手入れの有無

例えば、巻いて柔らかい印象を出したい方で、毎日コテを使うかたなら、毛先の質感は重めに残すと毛先の存在感が出ますので、スタイルに強さが出ます。

しかし、巻き髪をいっさいされない直毛の方ならば、毛先の印象が硬すぎて、お人形さんの様になりますので避けたほうが良いです。そのあたりも合わせます。

通える頻度

短くすればするほど、スタイルが崩れるのは早くなります。後は全体の毛先の質感が統一されているスタイルほど、伸びてもバランスが崩れにくいです。

 

細かい部分は省略させていただいていますが、おおまかな部分はこのような内容となります。

こちらの6点を意識して、日々を過ごされると、もっともっと、あなたに”似合う”が見つかります。

実はこの内容は、岡島が髪を切る時に、意識している内容でもあるんです。

参考になりましたか?

長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。

次に読むのはこちら!👇
自分に似合うヘアカラーを知りたいなら必要な5つのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。