縮毛矯正の施術時間が、1時間で終わる店と、3時間かかる店の違い。

岡島
通常は2時間半前後かかるメニューです。

技術者によるこだわりの違い

縮毛矯正とは。

1液で髪の結合をきり、流し、乾かしアイロンを入れて、最後2液で結合を繋げる。

そんな工程のメニューです。時間は短い方がいいのは間違いないですが、1時間くらいで終わらせるには、どこかで手を抜かないと無理です。1液をかなり強めのモノでやったり、アイロンを少なくしたり、2液の放置も短くしたり、、。

細かいこだわりの積み重なりが高クオリティを生み出す。

1液は調度良い強さのもので、塗り始めと塗り終わりの部分で薬の反応が違わないよう、ある程度の時間は置く。

アイロンはプレスしすぎず、しなさすぎず。狙った仕上がりに合わせて丸みを入れる。

2液で手を抜くと、持ち、ダメージにつながるので、たっぷり塗布量、しっかり5分。

それくらいしっかりやっておくと、たった数ヶ月でクセの戻りが出てくるなどはありません。

もし、現状に満足されないなら

一度お任せください。必ず、満足していただけますので。

ストカール施術事例

ギリギリならやらない、ということ。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。