パーマとカラー、縮毛矯正とカラー。先にやるならどちらですか?

岡島
ほとんどの場合、パーマが先の方がよいです。

先に施術したメニューが、後のメニューの影響で、少し弱まると思ってください。

パーマとカラーの場合

もし同じ日に両方やった場合で考えると、
カラーのあとにパーマをした方がデメリット(この場合、色の流出)は大きいです。
なので基本的にはパーマが先が理想的です。

2週間くらい時間をあけるのでしたら、色味にもよりますが、どちらからやってもそこまで大差はないと思います。

同じ日にやると髪に負担がふえるので、おすすめはしませんが、リタッチ(根本だけのカラー)と毛先だけのパーマの同日施術は可能です。

同じ所に薬がつかなければ、大丈夫です。

縮毛矯正とカラーの場合

これも理想は、別の日に、そして縮毛矯正からやる事です。理由は同じですね。

ただ、根本部分の黒い所と、既に染めてある所では、ダメージ具合が違いますので、先に根本を染めてから縮毛矯正した方が、縮毛矯正の施術の計算がしやすいという利点もあります。白髪染めなど、染料が抜けたら困る場合以外は、先にカラーをした方が良いですね。

ご質問、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

美容師歴13年。現在Lani代官山にてマンツーマンでお客様と向き合っています。 オーダーメイドな縮毛矯正が得意です。 クセ毛、直毛、多毛、傷みやすい髪など、 髪に悩みのある方に特に支持を頂いています。 ショートボブのカットもおまかせください。